"夢"のその先へ

Fertility Counseling Center(FCC)

あなたの「夢」を
その先の「チャレンジ」に変え
ご希望を「実現」させるために

----- 着床前診断・着床前スクリーニング -----
     【男女産み分け】 

Fertility Counseling Center(FCC)

日本全国どこでも日本にいながら、
着床前診断(男女産み分け含)が受けられます。
正常な受精卵は流産率を下げ、不妊治療の可能性を広げます。
着床前診断PGD・着床前スクリーニングPGS(技術は最新のNGS)のみを
アメリカでするプログラムです。

Creating New Beginnings
PGS or PGD can be useful for couples that have a known risk of passing on an inherited disease to a child. It is also an option for couples that have had multiple miscarriages, or family balancing or for couples that are unable to achieve a pregnancy after several attempts at IVF or are at risk for producing a large number of abnormal embryos.

成功率が高いのです。
そして私たち自身が国内外の病院で治療経験もあり、不妊カウンセリングが可能です。病院毎に違いもありますのて、何でも相談して下さい。
FCCはどのステップも成功する為に選びます。輸送方法は安心安全な手運び(ハンドキャリー)、結果のだせる病院で成功できる数を貯めます。バイオプシーは技術のあるアメリカで検査機関の技術ではなく、移植の事まで考えられる不妊治療病院の腕の良い培養士に任せます。
日本では難しい着床前診断PGD(単一遺伝病)やスクリーニングのPGS(NGS法)を海外の成績の良い検査機関から選んで受けられます。

FCCが選ばれる理由
成功の為のチョイス
すでにday2や胚盤胞の凍結胚があり、検査を望まれている方も、培養士が培養してからバイオプシー可能です。ご相談下さい。

アメリカ、ロシア、アジア等、それ以外の地域の海外輸送のみ、または日本国内輸送をご希望の方もまずはお問い合わせください。

日本にいながら安心・安全・安価で挑戦できます。※お見舞い金制度をご用意しておりますので安心して下さい。

ご自身やお子様に持病がある、パーコールやゼリーなどを使って産み分けの結果がでない、流産を経験している、
どうしても諦められないなら着床前診断やスクリーニングが近道です。
※パーコールはアメリカでは意味がないとされ、禁止です。

アメリカで歴史のあるPGDやPGS(NGS法)はとても有効なものです。
FCCはご夫妻毎にご希望に合う病院選びから治療内容、体作りやメンタルまでサポートがあるため、成功率も高いのです。

成功へのカギは、卵子の年齢、数、そして培養士のバイオプシーするタイミングです。(同じ日にいっぺんにはしません!)ハッチングしていなくても出来る技術、検査する検体が冷凍か冷蔵か、どれも大切な要素です。

アメリカでは病院へ通う6.7割の方が受けるポピュラーな検査です。当然、培養士はバイオプシーを毎日しています。そして、アメリカ国内間なので冷蔵で検体を調べられることは、とても大きなメリットなのです。

日本でのバイオプシーとは違う内容なので、現在FCCは推奨していません。
成功する為、どの段階でもベストの選択をします。

●安心な手運び(ハンドキャリー)と、
   大切な現地でのサポート

●バイオプシー(生検)は腕のある
  不妊治療病院の
培養士

●バイオプシーのタイミングを
 凍結受精卵1つ1つ変えます

●検体は、冷凍でなく結果の良い
   冷蔵で調べることが可能

わくわくする"チャレンジ"

目標は1つ、目指すは成功です。エージェンシーも病院もバイオプシーの方法だけでも、日本とタイ、アメリカでは内容が全く違います。ご夫婦一組一組に、病院や医師の方針、治療内容によって経過や結果はまるで違ってきます。私たちはリスクもご説明し、その上で細やかなサポートを心掛けております。

日本の病院・アメリカの病院・検査機関

日本の病院(クリニック)や検査機関選びは、とても重要なポイントです!
どこでも同じではありません!医師の処方、培養士の技術やバイオプシー方法も大切です。
協力してくださる病院以外に、不妊治療で有名な評判の良い病院でも、採卵や移植が可能な場合もあります。成績の良い病院があればどんどんお知らせしています。

※病院名等はメールではお知らせしておりません。
大切な採卵費用のコストダウンの他にも、成功率を上げる為の身体の作り方、サプリメントなどのアドバイスもさせて頂きます。あなただけのオーダーメイドです。

日本の病院・アメリカの病院・検査機関

日本の病院(クリニック)や検査機関選びは、とても重要なポイントです!
どこでも同じではありません!医師の処方、培養士の技術やバイオプシー方法も大切です。
協力してくださる病院以外に、不妊治療で有名な評判の良い病院でも、採卵や移植が可能な場合もあります。成績の良い病院があればどんどんお知らせしています。

※病院名等はメールではお知らせしておりません。
大切な採卵費用のコストダウンの他にも、成功率を上げる為の身体の作り方、サプリメントなどのアドバイスもさせて頂きます。あなただけのオーダーメイドです。
唯一安全な運び方、ハンドキャリー(手運び)
について
  • 専門知識を有するスタッフが完全ハンドキャリーします。貨物室ではなく、常時客席で気圧・気温の心配なく管理し紛失の心配はありません。
    現地アメリカに私たちが行くことで、検査に関する手厚いサポートも随時可能なのです。

  • 宅急便での下記のリスクを回避する事が出来ます。

    ・ X線回避書類を添付しても、現地空港保安係員に権限がありますので、
      保安上、いくつかの荷物は必ず検査されます。大手輸送会社や専門業者でも
      宅急便は100%回避は絶対にできません。

    ・ 現地空港入出国時、保安で何日も止められたり、返送または破棄される事もあります。
      最近でもアメリカ他、各国で紛失、空港足止め、届かない、開けたら中身がない、
      溶けていた、入れ物ごと紛失、など、今でも実際に事例があるのです。(2019年現在)
  • SITAが発表した「バゲージ・レポート2017」によると、2016年の航空各社による預け荷物などが到着地空港に到着しないなどの荷物取扱ミスの発生率は、前年より12.25%減少したものの、旅客1000人当たりで荷物5.73個、乗客200人に1個程度の頻度でロスト・バゲージは発生しています。違う空港へ届いた場合、戻るまでに一ヶ月かかることもあります。
    さらに空港での荷物の入国不可などのリスクもあります。



  • 専門知識を有するスタッフが完全ハンドキャリーします。貨物室ではなく、常時客席で気圧・気温の心配なく管理し紛失の心配はありません。
    現地アメリカに私たちが行くことで、検査に関する手厚いサポートも随時可能なのです。

Q & A
Q
カウンセリングについて教えてください。
A
最初に2時間程度、じっくりお話します。詳細な資料や実績は全てカウンセリングでご案内します。場所は横浜が基本ですが、交通費のみで出張カウンセリングも可能です。お忙しく、お子様がいる方々のご都合に合わせます。ファミリーレストランやご自宅でも可能です。お申込の際にはカウセリングの交通費は考慮致しますのでご安心くださいませ。
Q
着床前診断・スクリーニングにはいくらですか?
A
お支払いは今すぐではなく、凍結卵を検査に出す時にお見積もりさせて頂きます。
お得な10個パッケージは220万円です。11個目から追加も1個7万5千円で可能です。返金制度、また結果が出ない場合はお見舞い金もあります。時期によりさらにお安くできる場合もありますので個別にお問い合わせください。
(数が少ない場合、4個まで150万円で検査は可能です。)

PGDは単一遺伝病の検査と同時にPGSも受けられます。詳細はカウンセリングでのご案内になります。
Q
日本での採卵について教えて下さい。
A
体外受精で受精卵をつくります。奥様が薬剤を使って排卵する卵の数を増やし、採卵時、ご主人様の精子で体外受精・顕微授精をします。受精後、胚盤胞まで5、6日育て凍結します。(4日.7日もあります)
自由診療なので病院により一回の採卵で38万〜70万円と幅があります。大事なコストや、ご自宅近く、または有名病院、実績、高成績や土日診療などニーズに合わせて検討できます。
Q
病院とのやり取りは大丈夫でしょうか?
A
何でもご相談ください。病院や医師によって治療方針や使う薬剤なども違い、当然結果も変わってきます。病院(クリニック)との手続きは私共ができるだけお手伝いします。輸送に必要な書類一式を手配、海外の提携病院(クリニック)での培養士との相談や検査機関とのやり取りも現地へ行き、代行します。
Q
検査結果がわかるのはどのくらいの期間ですか?
A
通常、輸送日から3週間前後で検査結果はわかります。結果、ご希望の正常卵があった場合、移植希望の病院準備が整い次第、日本へお運びします。移植希望の時期によって、または結果の出せる移植の病院を検討中の場合、アメリカの病院で数ヶ月〜数年の保管も可能です。移植はすぐでも数年後でも、いつでも構いません。
Q
検査機関はどこですか?
A
アメリカ国内に検査機関は沢山あります。病院が契約しているいくつかの検査機関の中から、検査結果、成績の良い検査機関にお願いします。
Q
着床前診断といってもPGD(PGT-M・PGT-SR)やPGS(PGT-A)、どれも良くわからないのですが?
A
FISH、PCR、CGH、SNP、NGSはすべてPGD、PGS、CCSの遺伝子解析の方法です。
着床前診断には2種類あります。
①PGD(Preimplantation Genetic Diagnosis): 着床前遺伝子診断
 特定の遺伝子異常の有無を診断
②PGS(Preimplantation Genetic Screening): 着床前遺伝子スクリーニング
 染色体の数的異常を診断

着床前スクリーニング(PGS)は(PGT-A : Preimplantation genetic testing for aneuploidy 着床前染色体異数性検査)に。
着床前診断(PGD)は遺伝病の検査の(PGT-M:Preimplantation genetic testing for monogenic/single gene defects 着床前遺伝子検査)と、転座由来の構造異常を見つける検査を(PGT-SR:Preimplantation genetic testing for structural rearrangements 着床前染色体構造異常検査)に。アメリカ生殖医学会では表記が新しくなっております。

日本産科婦人科学会は現在PGSを認めておらず、PGDのみ要件を満たした場合に審査し許可が降りるまで一年くらいかかります。アメリカでは全ての染色体を調べるPGSが誰でも受けられ、性別もわかります。PGDをご希望の方もご相談下さい。

Q
染色体の異常はどのくらいの確率なのでしょうか。
A
健康なご夫婦の受精卵でも、下記の確率で染色体異常が起こります。
35歳 50〜59%
40歳 65~79%
45歳以上 90%程度
採卵は少しでも早く、そして数多く検査する事が大切なのです。

Q
顕微受精や凍結はリスクがあるのではないでしょうか。
A
皆様、成功しているのでこのプログラムを推奨しています。不妊治療でも一般的に行われています。何も心配はございません。
液体窒素で受精卵は一瞬で凍結され、永久的に保存可能です。先進国の日本やアメリカの技術力は高い為リスクは、ほぼないと言われます。一般不妊治療でも凍結、融解は問題ありません。、採卵時のフレッシュより凍結胚を融解の移植の方が着床率は高いとされています。顕微のほんの少しのリスクより結果が大事なのと同じです。
それより外科医と同じで受精卵を一部を取るバイオプシー技術の【タイミング】と【腕】の方がよっぽど重要です。
Q
お支払い・ご返金制度・お見舞金制度について
A
お支払いは検査する数が確定してからです。
アメリカへお運び後、融解・培養・タイミングを見てバイオプシーをしたが、検査不可だった場合、11個目以上は一部返金されます。
また、FCC推奨数の胚盤砲を貯めて検査された場合、その検査結果によってお見舞金制度があります。
Q
カウンセリングについて教えてください。
A
最初に2時間程度、じっくりお話します。詳細な資料や実績は全てカウンセリングでご案内します。場所は横浜が基本ですが、交通費のみで出張カウンセリングも可能です。お忙しく、お子様がいる方々のご都合に合わせます。ファミリーレストランやご自宅でも可能です。お申込の際にはカウセリングの交通費は考慮致しますのでご安心くださいませ。
詳細は無料カウンセリングでのご案内のみです。お会いしてご希望に沿う提案をさせていただきます。遠方の場合は交通費のみ頂戴し、ご自宅近くまでお伺いする出張カウンセリングが可能です。通常2時間程度じっくりお話します。何でも聞いて下さい。

お問い合わせ・カウンセリング申込

Preimplantation Genetic Diagnosis (PGD)  Preimplantation Genetic Screening (PGS)
3日経ってもメールで返信がない場合は迷惑メール確認後、別のメールアドレスをご記入の上、再度ご連絡をお願い致します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
FCC概要
Fertility Counseling Center (FCC) 
    ファーティリティ カウンセリング センター
   
※カウンセリングの際に詳細事業者情報を開示、お渡しさせて頂きます。

2012年より
タイ・バンコクのセーフファーティリティセンターで着床前診断の提供。
同時に日本にいながら、日本の病院にて採卵・移植をすることを推奨。

2015年より
タイでの着床前診断が日本同様に厳しくなり、男女の産み分けは不可に。
タイの病院への受精卵・精子の受け入れが禁止となったことで
アメリカでの着床前診断、スクリーニングをご案内。

2019年 現在に至る

全てはご希望を叶えるために

Fertility Counseling Center(FCC)は皆様へ持ちうる限りの知識と技術を提供します。
(日本不妊カウセリング学会所属)
後悔のないチャレンジに向け親身にアドバイスします。これから未来へ、皆様の「想い」を大切にしています。